登山やキャンプや日々のこと

趣味の登山やキャンプの体験記や日々の雑記

簡単、絶品。妻が6年間かけて編み出した絶品「イカナゴのくぎ煮」の作り方

f:id:hashimo123:20180307224526j:plain

関西(とくに兵庫県)の春の風物詩「イカナゴくぎ煮」。節分を超した2月、3月に入ると関西のスーパーで見られる「イカナゴ入荷!」の文字。関西在住の方でもし挑戦した事が無いなら、今季はぜひ挑戦してみませんか?

 

 

最近では中四国でもイカナゴの販売はあるようです。期間限定の旬の味、試す価値あり。お酒にも、あう!ご飯にも、あう!晩酌から育ち盛りのお子さんまで楽しめるイカナゴくぎ煮。材料は大抵、イカナゴ販売している場所(スーパー)で調達出来ます。イカナゴくぎ煮のもと、なんて便利なものも有りますが、ご家庭にあるもので十分です。 

f:id:hashimo123:20180311100508j:plain

イカナゴくぎ煮」の材料

イカナゴ      :1kg
・☆濃口醤油     :200g
・☆ザラメ      :250g
・☆酒        :50cc
・☆みりん      :120cc
・☆しょうが(千切り):50g
・実山椒の佃煮    :大さじ二杯(お好みで)

 

くぎ煮、なんてまずそうな名前ですが見た目が「釘(くぎ)」のようだからくぎ煮。また、いかなごは春を告げる魚「春告げ魚(はるつげうお)」なんて別名もあるくらい、季節のものなんです。

 

くぎ煮は見た目とは裏腹に優しいお味、また日持ちもします。関西では運送会社から「くぎ煮便」なんて商品もでているくらい。たくさん作ってみなさんにお裾分けする旬の食べ物なんです。要は佃煮ですから、万人ウケするお味です。我が家でもたくさん作って地方の皆さんにお届けしますが、結構、ファンが多いんですよ。

 

イカナゴくぎ煮」の作り方

いかなごを手早く水洗い。水洗いをする。

f:id:hashimo123:20180311100451j:plain

②材料の☆を全て鍋に入れ、グツグツなってきたらいかなごを入れ、手で平らにする。強火でアクを取りながら吹きこぼれないよう火加減を調整する。
 ※②~④までの工程はかき混ぜないこと!

f:id:hashimo123:20180311100448j:plain

③泡が収まってくるが強火でたく。

f:id:hashimo123:20180311100455j:plain

④煮汁がほとんどなくなるまで強火でたく。火加減を弱くして煮汁の様子を見ても大丈夫。鍋を傾けて、汁が流れるようならまだ早いので待つ。

f:id:hashimo123:20180311100458j:plain

⑤火を止め、アメ状の煮汁をからめる。鍋をゆすって混ぜる

⑥ザルにあげて余分なアメを落とす。

f:id:hashimo123:20180311101352j:plain

⑦好みで実山椒を混ぜて完成!

f:id:hashimo123:20180307224532p:plain

 

---

お近くのスーパーでイカナゴが手に入らない方は、こちらでもどうぞ。

---

最後まで読んでいただきありがとうございました。
今回はイカナゴくぎ煮の作り方でした。