登山やキャンプや日々のこと

趣味の登山やキャンプの体験記や日々の雑記

簡単燻製チーズレシピ。溶けづらいチーズでリベンジ成功!

f:id:hashimo123:20180417222738j:image

燻製ソーセージに味をしめて、燻製チーズドロドロ大失敗の雪辱戦です。

 

関連記事

燻製チーズで大失敗(T-T)。こんな作り方はやっちゃダメ。燻製初チャレンジの反省備忘

素人でも失敗しづらい燻製ソーセージ。簡単なその作り方

 

 

結果的には、大成功!

溶けづらいプロセスチーズとして評判だった雪印6Pチーズは完璧な性能でした。全く溶けなかったですし、香りもしっかりチーズに入りました。妻と子供も、今回のチーズは美味いと高評価。今度は何を燻製にしようかなと気持ちも前向きになってます。

 

 

以下、本当に簡単ですが詳細です。超初心者向けです。

 

材料:

  雪印6Pチーズ 二箱(12個)

  燻製チップ(くるみ)グーで軽く掴める位

  ザラメ砂糖(ふたつまみほど)

 

 

作り方:

とにかく溶けにくいチーズで燻製にチャレンジすべく、色々なサイトを参考にさせてもらった結果、雪印の6Pチーズでいくことにしました。(作った結果、全く溶けることはありませんでした)

 

家族4人で6個だと一瞬で無くなるので、今回は6Pチーズを二つ利用。冷蔵庫から出してすぐに燻製を始めてしまうと、結露して燻製にムラができやすいため、冷蔵庫から出して30分程度置いて、室温に戻してから燻製をスタートします。

f:id:hashimo123:20180417225244j:image

 

 

燻製チップはフライパンの上にアルミホイルを敷いて加熱します。この時にザラメ砂糖もチップの上にふりかけておきます。火がつきづらい場合はチャッカマンで火をつけて吹き消します。

f:id:hashimo123:20180417222423j:image 

 

今回は煙が消えては火を付け直して弱火で合計30分ほど燻製しました。フタを開けると結構熱いのですが、チーズが溶けることはありませんでした。

f:id:hashimo123:20180417222456j:image

 

f:id:hashimo123:20180417222738j:image

 

 

できた後は一つ一つラップして冷蔵します。一度冷やした方が燻製の香りが豊かになるとのこと。

f:id:hashimo123:20180417225306j:image

 

 

夕ご飯後、アテとして大活躍。一瞬でなくなりました^^;

f:id:hashimo123:20180417222430j:image

 

自分で手間暇かけて作ったものだから、余計においしく感じるんでしょうね。一瞬で食べきってしまったものの、味わい深くて満足感も大きいものになりました。

 

以上、燻製チーズの作り方でした。

次は何を燻製にしようかな♪