登山やキャンプや日々のこと

趣味の登山やキャンプの体験記や日々の雑記

新潟県 三条市 グリーンスポーツ公園キャンプ場のブログレポ 三条市からすぐ行けるキャンプ場。すぐそばの山頂からは夕日や夜景が楽しめます

f:id:hashimo123:20190512093409j:image

GW東北旅の帰り道に一泊したのは、新潟県三条市にある「グリーンスポーツ公園キャンプ場」です。

 

三条市街から車ですぐのキャンプ場なので、昼間はバーベキューを楽しんでいる多くの家族連れで賑わっていました。

 

僕たちがチェックインしたのは16時頃だったので、ちょうど入れ替わりでスペースを確保することができましたが、そのくらいコンパクトな広さのキャンプ場でした。

続きを読む

岩手の有名店「ぴょんぴょん舎」 本店は冷麺だけじゃない、雰囲気もスペシャルでした。食のイーハトーブ(宮澤賢治の心象世界中にある理想郷を指す言葉)はここにあり!

f:id:hashimo123:20190512093112j:image

岩手といえば盛岡冷麺、ということで岩手の有名店「ぴょんぴょん舎」さんで食事をしました。私の考える冷麺って焼き肉の〆なんかでつるりっと食べるイメージなのですが、ここは色んな意味で想像を越えたお店でした。

 

関連記事

続きを読む

岩手県 道の駅にしね 「岩手焼山走り国際キャンプ場」から車で10分。野菜、山菜のマーケット!新鮮野菜がお手頃価格で購入できる!八幡平のハムや地酒も豊富

f:id:hashimo123:20190512092941j:image

岩手山焼走りキャンプ場から国道262号を南下すると見える道の駅にしね

 

国道沿いにはスーパーも何軒かありますが、新鮮な土地のものを食べたいならここをおすすめしたいです。冬から春にかけてのほうれん草や春夏の山菜、年間通してたくさんの野菜が出回るそうです。

 

関連記事

続きを読む

岩手山焼走り国際交流村(キャンプ場)から歩いて5分。絶景の溶岩流散策。

f:id:hashimo123:20190512092752j:image

日本でできる溶岩体験。斜面一面の溶岩流の跡は圧巻。宮沢賢治の『春と修羅』、鬼神の棲みかはココ!

 

何年か前に某CMで「ハワイでドロドロ溶岩体験、プライスレス!」なんて言ってました。ハワイじゃなくても溶岩体験はできるんです、ここ岩手で。

 

関連記事

続きを読む

岩手県 八幡平市 「岩手山 焼走り国際交流村 キャンプ場」のブログレポ 見所ありすぎ!岩手山、溶岩流、天文台まであってさらに温泉付きなんてっ

f:id:hashimo123:20190511092109j:image

良い意味でこんなに詰め込んだキャンプ場ってあるんですね。。(^_^;)

 

キャンプ場は雄大にそびえる岩手山のすぐ麓に広がります。

 

岩手山から流れ出た溶岩流(焼走り やけばしり)は国の特別天然記念物に指定されているだけあって、日本とは思えない絶景です。

 

夜には天文台で星を眺めることができます。

 

体が冷えれば受付センターにある温泉に入りましょう。

 

この全てを楽しめるのが今回ブログレポする、岩手県 八幡平市岩手山 焼走り国際交流村 キャンプ場」です。

続きを読む

蔵王高原は宝の山 蔵王連峰が育んだ美味しいチーズのご紹介

f:id:hashimo123:20190506161500j:image

チーズフォンデュにチーズダッカルビ、最近はチーズドリンクなどチーズって本当に美味しいですよね。蔵王蔵王連峰が育んだ美味しい水、牧草で育った乳牛の乳製品も特産です。

 

その素材もさることながら、技術的にも古い歴史を持つそうで、キャンプついでに必ず寄りたい場所としてピックアップしておいたのはこちら、蔵王酪農センター「チーズキャビン」です。

 

続きを読む

宮城県白石市 南蔵王野営場の紹介 広大なフィールドに充実の設備!国立のキャンプ場はファミリーキャンパーにとってコスパ抜群!

f:id:hashimo123:20190506102001j:image

ご紹介するのは白石IC(東北自動車道)から約20分、蔵王国定公園エリアの西南にある南蔵王野営場です。

 

近隣の白石市はエリアを代表するヨークベニマルやイオンなどスーパーも多く、小高い丘を20分ほど登ると蔵王方面に広大に広がる国有林がキャンプ場として整備されています

 

続きを読む